top of page

神経難病ALS


【すべての人が地域で暮らす、働くために!】


訪問介護制度、障がい者雇用制度について 早稲田ゆき衆議院議員主催。


難病ALSの 畠中一郎 さん

トークイベントに参加させていただきました。



突然発症し.短期間のうちに進行する深刻な神経難病「ALS


人口10万人当たり平均2.2人とも言われていますが、私の周りではすでに3人発病され、身近な難病と感じます。

畠中さんは2年前に突然発病されましたが、講演や啓発活動と財団も立上げ、前向きに今までになかった発想で、病む人と支える人を繋げる活動をされています。

参加された現場の方からは ヘルプマーク も認知度が低く、様々なシーンでは誤解も多く、苦労されている声もありました。

福祉関係者の 賃金格差 はじめ行政の様々な課題、外見でわかりやすい身体障害者だけでなく、様々な障害によって生きづらさを感じている人がいることを、幅広く知ってもらうことはとても重要です。笑いとコミュニュケーションの重要性などお話されていましたが、健常者にも必要な要素とも感じました。ロビーでは ユニバーサルデザインのアイテムも展示されていました。 #福祉 #障害 #賃金格差 #すこやかさゆたかさの未来研究所 #訪問介護制度 #障がい者雇用制度 #逗子

すべてのリアクション: 17あなた、上杉 たかし、中川茂、他14人

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page