• 野田 はるみ

人の幸福度は「選択できる実感」と「人とのつながり」から生まれる

3年前は 国民総幸福量(GNH)を開発の基本理念として掲げる ブータン でした


その前年2017年は

「兵士よりも多くの教師を」と軍隊を持たず

地球幸福度指数 では何度も1位の コスタリカ


それぞれ、国の在り方を強く感じる旅でした。


昭和、平成、令和と移りゆく日本 地球幸福ランキング 今年は56位と毎年低く

そのランキング上位は 新型コロナウイルスの悪影響より、コロナ禍かで得た「他者との連帯感や仲間意識、つながり」のほうが、幸福度に大きなプラスの影響を与えたと指摘。


人の幸福度は 「選択できる実感」と 「人とのつながり」から生まれると言われています。


昨今、日本では度々「女性を軽視する発言」や「女性の社会活躍」が課題として取り上げられています。


また、貧富の格差から選択の幅が限られるなど、

科学的にも、「人生を自分で選ぶことができている実感が有ると幸福度が高まる」とも言われています。


また、長期にわたり「人の幸福度」について研究した「ハーバードメン研究」では、人の幸福度に最も影響を与えるのは「温かな人間関係である」とも結論づけています。


この研究では、被験者268人を75年間追跡調査して、幸福度が高かった上位10%と、そうではない下位10%を比較。 その結果、明らかになった両者の最大の違いが「温かい人間関係」を人生で築くことができたかどうかだったとの研究結果。

https://president.jp/articles/amp/44422?page=1


温かな人間関係を築くうえで必要となるのが、自分と意見が違う人たち、立場が異なる人たちの意見を聞き、どれだけ理解を示すことができるかという「寛容さ」です。


日本は、科学的な知見からも、日本人の幸福度そのものを高めるうえでも

選択できる人生」「他人への寛容さ」が社会の課題です。


日本の政治が目指すことを、指示するのはひとりひとり。 リーダーを選ぶ責任も重要です。







0回の閲覧0件のコメント