top of page

new born 荒井良二







【いつも しらないところへ たびするきぶんだった】 2005年 児童文学のノーベル賞と称されるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人初受賞 「斬新、大胆、気まぐれ、全く独自の発光力を持つ画家」と世界的な評価を受けた荒井良二さん。

絵本作家であり、同時に、イラストレーション、絵画、音楽、舞台美術と、幅 広く活動を展開するアーティスト。

行きたい、行きたい、っと思いつつ最終日に様々な刺激と共に人間性の深さや愛が感じられ笑顔溺れる、ふと優しい気持ちになれる個展でした #アート #芸術 #アーティスト #デザイン #自然 #子供 #荒井良二 #横須賀美術館 #観音崎


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page