• 野田 はるみ

沖縄視察

先日会派での視察に沖縄へ行ってきました。

今期は「社会問題・安全安心推進特別委員会」にも所属しており、災害に強いまちづくり、交通安全対策、米軍基地問題、2025年問題に向けた取組について調査します。

本日定例会では第2の基地県でもあり、原子力空母の寄港地でもある地元横須賀基地の課題と沖縄視察時において勉強させていただいた地位協定の改定へ向けてのさらなる取組など要望させていただきました。

今回の視察は国際観光文化・スポーツ委員会関係も視野にあり、基地関係に加え、空手発祥の地としての神髄を学ぶ拠点として豊見城城址公園跡敷地内に開館した「沖縄空手会館」を視察。

他、嘉手納基地・普天間基地は外からのみとなりましたが、現地の方の説明も聞きながら視察しました。

先日沖縄のデニー知事が全国キャラバンをし皆さんに訴えていました。 『自分ごとと考えてほしいのは、もちろん基地問題だ。 沖縄には全国の米軍基地の70%が集中する。圧倒的な負担だ。 2番目に多い青森県でも9%、横須賀や厚木の基地がある神奈川県は5.6%』 その言葉は沖縄に行き、とても強く実感しました。

様々な理不尽な条件の地位協定への改定を、1日も早く。 我が会派でも毎年訴えています。



5回の閲覧