top of page

河川域の整備


私の地域は関根川、前田川が海の繋がっています。


前田川は、大楠山のきれいな沢の水や

湧き水などが集まってできた清流

自然環境の残された数少ない河川のひとつで、

いつもカモが沢山集まっています。


ところが、その川にも不法投棄と言える大きなゴミが捨てられ、市の河川課に報告したところ、行政が河川域の整備は定期的に行っているとのことで、本日撤去されたのが分かり安心しました。


海岸でのごみ拾いは多くの方が行っていますが、川に関してはなかなか行いづらく、先月地域の友人と河川沿いのゴミ拾いをしましたところ、様々なゴミが捨てられていました。



ポイ捨てゴミは風で道から川、そして海へと流れ着きます。

その中でも課題の多いのがたばこの吸い殻!





マイクロプラスチックとして量も多く最悪のプラスチック汚染物質です。


世界保健機関によると、ごみの投げ捨ての中でも特に横行しているのがたばこの吸い殻の投げ捨てとの調査結果もでており、路上や側溝に捨てられた吸い殻は、排水を伝わって河川や海に流れ込むのです。


たばこを吸う方は必ず携帯灰皿持参で!

1カート購入サービスもライターではなく、

携帯灰皿にして欲しいと思います!

#ポケット灰皿


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page