• 野田 はるみ

有機農業取組み、最低レベルの日本

有機農業取り組み面積は、世界最低レベルの日本。

国際的な研究機関が2017年の統計を使い、2019年に発表した報告から農林水産省農業環境対策課が作成した数値では、8カ国中、日本は最下位で「0.2%」。


この数字は、有機JASを取得している面積だけを計上しており、有機JASを取っていない取り組み面積を含めると「0.5%」とのことでした。


「日本の有機農業がいま一つ広がらない構造要因」 (東洋経済オンライン 2021/2/8) https://toyokeizai.net/articles/-/327990


2050年目標25%!

宣言に終わらず、2030年、2040年と具体的計画が重要。

神奈川県は国内でも低く、改めて有機農業の推進の本気度が求められます。






#有機農業 #神奈川県議 #野田はるみ

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示