• 野田 はるみ

急傾斜地の現地調査へ

今朝は大寒。

その名のごとく厳しい寒さの中、市民要望の現地調査。 急傾斜地崩壊危険区域の認定要望があった場所。


実は今日は2回目、前回は場所が分からず、本日は交番で確認。 急な階段を登り先の先、横須賀市は急傾斜地、いわゆる崖が多く、人口の集中や市街地のがけ地。

付近への拡大により危険な急傾斜は増えています。

「警戒区域」に指定されている急傾斜地は横浜市に次いで県内では2番目に多いのです。


がけ崩れが誘発されないよう、崩落防止工事を県や市が取組にはまずは認定が必要です。 災害被害を最小限に抑えるためにも重要な取組です。


その後県庁へ向かう途中、逗子駅前でランチを購入。 冷え切った身体には、もったいない野菜のごちそうスープ。 菊芋のポタージュ!

腸内環境を整えて、頑張ってまいります!


午後には コロナ対策の特別委員会が開催され、メンバーはじめ政調会長などが登庁されています。私は様々な課題に向け勉強会、打ち合わせなどを行いました。





#急傾斜地崩壊危険区域 #警戒区域 #菊芋 #新型コロナ対策特別委員会 #神奈川県議 #野田はるみ


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示