top of page

宿泊療養活用の湘南国際村センター事業再開へ向けて新たなビジョンを要望

昨日の私の本会議一般質問が #神奈川新聞 に取り上げられました!

ニュースサイトカナコロにも掲載されていますのでご案内します。



昨年の一般質問に続き、2年連続の掲載となりました。


これまで、NGOや事業を通し社会活動にも関わってきましたが、今、新型コロナウイルスの猛威、甚大な自然災害、経済社会の大変動の中、政治の役割が非常に問われる時代であり、県議会議員として、改めて、「#環境」「#循環」「#共生」の観点から質問を行いました。


今回は地元の案件を3テーマ取り上げ、 その一つ、#湘南国際村 の活性化についての掲載です。


湘南国際村センターは、宿泊型研修施設とはいえホテル経営・サービス業などの経営能力は重要であり、減損減資を行ったとはいえ、県の出資額は県民の貴重な税金から捻出されたものです。

利用者だけではなく住民のニーズも聞き、持続的な黒字経営を目指し、県民にとっても魅力ある施設となることを要望。

知事からは湘南国際村センターの事業再開に注力するとのことですが、その際、この環境を生かすこととして、葉山・横須賀西海岸エリアではアーテイストやセラピストも多く、歴史ある芸術祭の開催もあり、そのような民間の活力や緑豊かな自然環境など、地域の財産を活かし、#SDGsビッレジ など、新たなビジョンを要望しました。


人も地球も命を守る経済

この危機を、今までのような価値観から、大いなる方向転換の機会に!と考えます。


当日の質疑は後日9月21日の録画よりご確認いただけます。



今後とも全力で取り組みます!








閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page