• 野田 はるみ

地域で農業を支援する仕組み CSA

Community Supported Agriculture コミュニティが農業を支援する地域連携システムの一種です。

近年は欧米での取り組みが行われ、日本では1996年、CSA第1号として北海道夕張郡長沼町の「メノビレッジ長沼」がスタートしました。

約80軒の消費者が会員として地域の農業を支える。生産者たちは数十種類の作物を提供し、田植えや草取り、ハロウィンの装飾品づくりなど、農業に関心を持つ消費者が年間を通じて農作業の体験ができます。

このような交流から地域の結びつきが深まり、活性化に貢献。

農業とともに地域づくりの勉強会も開催し、環境問題や地産地消システムの推進について啓蒙活動を行うなど、農業の活性化としても期待はありますが、日本においてCSAが普及・定着はまだまだです。


農林水産省ではCSAの認知度の向上、生産者と消費者の連携も課題とし、解決に向けた情報発信を行い、成功事例のPRや国の職員の積極的な派遣などが実施されてはいますが、今後の課題解決に向けては、本県も取組べきと思います。





#地域支援型農業 #CSA #メノビレッジ長沼 #神奈川県議 #野田はるみ

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示