• 野田 はるみ

医療崩壊が起きる可能性(日本医師会)

【速報】日本医師会が会見「医療崩壊が起きる可能性強い


世界の医療現場の緊迫事例からの学びはあったのか...。 防護服やマスクが未だ不足している現状や救急医療体制も崩壊しつつあります。


今月中旬、80代の男性が発熱して救急搬送を要請、およそ70の病院などから受け入れを断られた事例が実際にあったといいます。この男性は結局、およそ9時間にわたって搬送先が決まらず、最終的には医師の判断で一時的な自宅待機を余儀なくされました。

医療崩壊は絶対に避けていかねばならない、受入場所や医療器具関係は都道府県やメーカーも協力体制で取り組んでいますが、医療従事者の人材は限られています。

災害時や今回のようなパンデミック時など陣頭指揮能力によって、国民の生活も不安も大きく影響します。

今、県民の皆さんの声をしっかり受け止め、県政へ活かしますことが重要。嘆いても何も変わらない、新しい時代を、未来は自分たちの手で!



#医療崩壊 #日本医師会 #神奈川県 #パンデミック

3回の閲覧