• 野田 はるみ

バイオマス発電の持続可能性


バイオマス発電の持続可能性を問う ~ FIT制度 への提言

「木質ペレット生産の環境社会影響~アメリカの事例から学ぶ」

地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGO FoEJapan オンラインセミナーに参加。


太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスの再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、国が定める価格で一定期間電気事業者が買い取ることを義務付ける固定価格買取制度『FIT』

現在、国内で稼働・建設されている数十MWの大規模バイオマス発電所は国内木材だけでは賄えない規模であり、輸入に頼ることとなる。

期待された 再生エネルギー ですが、その輸入先でおきている公害問題、人種問題にもしっかり目を向け、持続可能な発電へとシフトすることが重要です。


・大規模バイオマス発電の問題点(満田夏花/FoE Japan)

・木質ペレットバイオマスと気候緊急事態(リタ・フロスト/ドッグウッド・アライアンス)

・木質ペレット施設のコミュニティへの影響(タンディ・テイラー/現地コミュニティのメンバー)








#バイオマス発電 #FIT制度 #環境問題 #FoEJapan #再生エネルギー #持続可能な発電 #神奈川県議 #野田はるみ

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示