• 野田 はるみ

コロナ禍の女性支援について勉強会

本日は朝から事務所で作業。 協力金に関する情報動画作成から、地域要望など打ち合わせ諸々。


その間、立憲民主党ジェンダー平等推進本部主催【コロナ禍の女性支援について】の勉強会に参加。


内閣府より「コロナ禍の女性への影響」について。 日本労働組合総連合会より「コロナ禍の女性への影響と課題に関する研究会」資料報告。 他「男女共同参画 の視点からの新型コロナウイルス感染症対策に関する調査」など様々な分野における報告。




以前より脆弱だった部分は社会的心理危機によって表面化し、さらに、11都府県には緊急事態宣言が再発令され、コロナの収束はまだまだ先と思われる中、政府の労働力調査(昨年11月)によると、女性の失業者数(原数値)は72万人ですが、女性のパート・アルバイトで仕事が半分以下に減り休業手当も支払われない「実質的失業者」が、昨年12月時点で90万人に上ることが野村総研の推計で記されています。


飲食店の勤務短縮でさらに深刻化の予想、先日伺った飲食店では、パートの女性の為にランチ営業をしていると苦しい胸の内を話されました。だからこそ、さまざまな支援、公助が重要なのです。


持続化給付金、家賃支援給付金の申請期限がやっとひと月延長もされましたが、休業支援金・手当等の周知徹底も必要!

今後も取組で参ります。






#立憲民主党 #ジェンダー平等推進本部 #コロナ禍の女性支援 #男女共同参画 #実質的失業者 #神奈川県議 #野田はるみ



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示