• 野田 はるみ

コロナワクチン接種の副反応・後遺症

更新日:11月23日




本日は【 新型コロナウイルス感染症対策特別委員会 】が開催されました。

新型コロナウイルス感染症も2019年12月の報告から約4年弱、第8派への感染対策に加え、これまでのワクチン接種の有用性や有効性、また接種後の副反応や後遺症への対応も必要と考え質疑しました。


1>8月30日のコロナ特別委員会では、私から「厚労省アドバイザリーボードの報告から2回目接種者の感染者が未接種者より多いという内容を伝え、ワクチン接種デメリットのしっかりとした情報提供を要望」した件に対し確認、現状では不十分と述べ、他県のように丁寧な情報公開を求めました。



2 >ワクチンを含めたほとんどの医薬品には何らかの副反応が伴います。

政府はワクチン接種のメリットがデメリットを上回るという判断から、ワクチン接種を推奨しているが、接種は強制ではなく、各自が判断する材料としては、これまでの実態把握が重要と考え、本県が令和3年3月に開設した「神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター」への相談件数や内容、また年齢や男女比を確認しました。

 センターへは副反応以外様々な相談があり、副反応に関するデーターは特に収集を行っていないことが判明、実態把握は重要であることから、整備を求めました。



3>名古屋市では、ワクチン接種後の長期的な副反応に関する相談窓口を設置し治療や救済制度を案内している。本県の取組を確認、専門的医療機関11カ所へ繋げている回答でしたが、ワクチン接種は予防や重症化予防もありますが、現在では様々な事例も報告されており、10月の保険医新聞の記事では頻回接種は「免疫に異常が生じ、将来どんな問題が起こるか大変危惧される」との記事も有るように、今後の対策においても国の情報を待つ以外、県独自での実態調査を求めました。


4 >ワクチン接種後の副反応や後遺症は症状も人それぞれ、長期になったり、働けない人もいると聞いています。また、製造販売業者から副反応疑いとして、免疫システムが自己の末梢神経を攻撃するギラン・バレー症候群稀が報告されていますので、健康被害が生じた場合には、医療費などの一部を補助し、フォローアップすべきと考える、現状の確認をしましたが、副反応には救済認定があるが後遺症には現在国の制度が無い状況でした。


5 >一般的にワクチン接種では、副反応による健康被害についても、救済制度が設けられていますが、「副反応疑い報告制度」への、医療機関や製造販売業者から新型コロナワクチン接種後の死亡疑い事例報告として、7月10日までに1780人ありますが、国の審査会で、因果関係は1件も認められていない状況です。私は因果関係が認められていなくとも、死亡者がでている点から、特に子どもへの接種は慎重にすべきと考えており、様々な情報が飛び交う中、11月18日に厚生労働委員会においては院長の参考人質疑もあり、https://youtu.be/Ofp5-OXyuGE

現在医療関係者からも様々な意見が出ていますので、保護者の方が正しい知識に基づき判断できるよう、国のリンクを貼るだけではなく、本県独自の対応を求めました。


6> ワクチン接種後や感染した方が副反応や後遺症によって、長く体調を崩され休職や離職される方もいると聞いています。今回の報告資料によれば「離職者等委託訓練事業」は感染症の影響により離職した求職者への対応であるが、3ヶ月程度の職業訓練で早期の再就職を支援しているようだが、後遺症などで長期に離職した方への支援を確認。

 症状に加え医療先や治療法の情報、生活面や心の支援が必要な県民に対し、本県としての実態調査を行い、情報公開や救済や支援など独自に行うことを求めました。


 コロナ後遺症には傷病手当や労災認定などの保証がありますが、ワクチン接種後遺症には現在何も保証はなく、症状以上に精神的な負担や生活面の不安も大きいと思われます。

 原因が分からず、対処法がなく、いつ改善するのか先が見えないとなれば、誰しも少なからず絶望感を抱くと思われます。症状に加え医療先や治療法の情報、生活面や心の支援が必要な県民に対し、本県としての実態調査を行い、情報公開や救済や支援など独自の取組を求めました。

 今後はコロナに負けない身体、つまり自己免疫でブロックする重要性にもスポットを当て頂きたいと思います。


以下は参考資料

【神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター】 新型コロナワクチンの副反応等に係る相談を受け付けるコールセンター(24時間対応)

日本語以外でのご相談も受け付けております。電話番号 045-285-0719 ※意識障害、呼吸困難等の重篤な症状の場合は、119番へお掛けください。 FAX番号 045-211-4678 https://www.pref.kanagawa.jp/.../fukuhannou-kanagawa.html...


引き続き、コロナに関する提言を行って参ります。

我が会派からは 左から きしべ都委員、

中村たけと副委員長、須田こうへい委員、

飯野まさたけ部会長と私、野田はるみです。




閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示