• 野田 はるみ

アースデイ(地球の日)東京2021


1970年に始まった「アースデイ」 世界175カ国、約5億人が参加する世界最大の地球フェスティバル。


日本で環境アクションを盛り上げる活動をつづけて20年のアースデイ東京。 東京では、毎年、4月22日のアースデイの前後の土日、代々木公園を中心に開催されています。

他にも、北海道、千葉、湘南、富山、石川、長野、大阪、沖縄など全国各地でアースデイを祝したイベントや企画が幅広く実施。


当時は私も様々な形で関ったアースデイ。 会場ではごみゼロや再エネなど、環境活動団体と市民をつなぐ場として規模も年々拡大。


今回はEARTHDAY.ORG プレジデントのキャサリーン・ロジャースさんのメッセージがありましたので、一部シェアーします。


”…今年のアースデイは51周年。 テーマは地球の再生、生物多様性、健康、そして地球の均衡を取り戻すことです。

再生は、森林や海の回復、再生農業、土壌の保護、食などにアースデイでは焦点を当てています。


また、世界のリーダーたちを集めて世界の気候変動の影響に関して議論する場を設けることになりました。


ご存知のようにバイデン大統領が日本を含む世界のリーダーたちを集め、気候クライシスにどう対応していくか議論する場を、アースデイという日を選んだことを嬉しく思います。


私たちはこの日は同時に、教育、気候正義・リテラシーについてのサミットも開催します。

そして世界中のユースが一堂に会し、若者たちの要求を聞き、今後数年間、どう地球を保護していくべきなのかを話し合います。...” ​ 環境と人権を守るための政治。 そして、ひとりひとりの行動も問われています。 共に手を取り合い、今できることを是非一緒に!

アースデイ公式サイト https://www.earthday.org/



#アースデイ #アースデイ東京 #EarthDay #EarthDayTokyo #気候クライシス #神奈川県議 #野田はるみ

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示