top of page

よこすか・みうら気候フォーラム


5月16日(日)、横須賀市本町ヴェルニー公園にて小雨の中「よこすか・ みうら気候フォーラム」が開催されました。


石炭火力発電所建設の進む横須賀で、これからのエネルギーについて考える人たちの集い。


先ずは グリーンリカバリーの第一人者、東北大学の明日香壽川さんが登壇。

未来のためのエネルギー転換研究グループ作成 『 レポート2030:グリーン・リカバリーと2050年カーボン・ニュートラルを実現する2030年までのロードマップ』



会場に持参されていましたが、HPからダウンロードもできます!

とても内容が充実しています。

レポート2030サイト

レポート2030(PDF)











続いては

モデルで環境活動家の小野りりあんさん

環境活動家パパラギ代表の武本さん などに続き私からも一言。


また、先日ある名誉教授の

「人口減少が進む横須賀、その未来は危ういと思う。火力発電・原子力・米軍基地の街に移り住みたい人、暮らしたいと望む人は多いとは思えない」 というメッセージは響きました。


魅力多い横須賀。 だからこそ私は移住し、この先も暮らし続けたい。


私たちの望む未来。 誰もが安心できる街に。 より良い選択肢を築く!

産業界・行政の取組が、とても重要です。






閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page