• 野田 はるみ

【立憲民主党代表選挙2021】

今回の代表選挙は、これまでの課題に真摯に向き合い、多くの国民の信頼を再度しっかりと集めていくため、新たな機会と考え、私も投票するにあたり各候補の主張、方向性確認しております。


ジェンダー平等と多様性を信条とする立憲民主党としては、西村ちなみ 衆議院議員 が立候補してくださったことは、大変嬉しく、また、厳しいと言われていた 小川淳也 衆議院議員 の出馬も本当に嬉しいです。


小川さんのドキュメンタリー 「なぜ君は総理大臣になれないのか」は以前鑑賞した際、監督ともお話させて頂き、若いエネルギーに期待を感じていました。


逢坂誠ニ 衆議院議員は、安定感と信頼感が感じられます。


泉健太 衆議院議員は、以前視察でご一緒し、しっかりとした方だと感じておりました。


本日午後の討論会テーマは 「参加型民主主義 の実現」についてでした。


我が党の パートナーズ制度 は、

一部の国民ではなく、多くの多様な国民の皆さんが声を出し、多様な声が創る政治が立憲民主党の目指す参加型民主主義として、年会費は500円と気軽に政治参加ができるシステムです。


パートナーの方など、投票権が無くとも、

選挙権のある国会議員・自治体議員へ声を届け働きかけ、代表選挙を動かしてください。 期待しております


#立憲民主党 #代表選挙2021 #女性議員




3回の閲覧0件のコメント