• 野田 はるみ

【海洋プラスチック問題 】について タウンニュースに掲載頂きました!

本日のタウンニュースに掲載頂きました!



環境農政常任委員会 に2年間所属させて頂き、質疑を重ねてきた

海洋プラスチック問題


4月3日には「マイクロプラスチックストーリー」の自主上映会&交流会を開催します。


実は横須賀市は先週、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)と包括連携協定を結びました。

市が掲げる「海洋都市横須賀」に向け、横須賀本部の施設一般開放や市内の小中学生を対象にした海洋分野の教育クラブ活動などさらに深めていくとのことです。


具体的には海洋分野の人材育成、産業振興、環境問題の対策などについて足並みを揃え、海洋ゴミ施策に伴うSDGsへの貢献、海洋科学技術に係る人材育成、科学技術によるまちの活性化、研究成果を活用した産業振興などに取り組むとしています。


市の「海洋プラスチック問題ゴミ対策アクション宣言」「横須賀市ゼロカーボンシティ宣言」市民ぐるみの活動に発展して頂きたいと思います。


今、世界で進む 気候市民会議 本県では川崎がスタートしています。

昨年、委員会でも質疑をしましたが、脱炭素トランジションへの市民参加も広がりつつある今、それぞれが繋がり、環境問題と社会的な正義が結びついた環境正義(肌の色や出身国、所得の多さにかかわらず、誰もが公正に扱われ、安全な環境で暮らせるようにと提言すること)の重要性も問われています。


人類の安全保障や将来のため、 生活のあり方や思考法を変え、 総力を挙げた取り組みが求められている中、 本県の率先した取組も今後も求めて参ります。


#環境 #SDGs #立憲民主党民権クラブ #神奈川県 #横須賀市

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示