• 野田 はるみ

【日米地位協定勉強会】へ参加しました

更新日:3 日前


本日は我が会派、政調会主催 【日米地位協定勉強会】


沖縄の前泊教授を講師に開催されました。 対応された議員の皆さま、大変ご苦労様でした!


生憎感染者急増から急遽オンラインとなりましたが、とても深く、濃い内容でした。 ありがとうございます。



第2の基地県であり 渉外知事会の会長県でもある神奈川




2020年、新型コロナウイルス感染症が脅威の中、当時の米軍感染症に関する情報公開や対応を通じて明らかになった地位協定の課題を踏まえ、 私からは一般質問において知事へ質疑を行っていましたが、今年、沖縄県はじめ、国内米軍基地での感染者急増を受け、多くの方が改めて不条理な特権を理解されたのではないでしょうか。


また、国民の税金が充てられる 「思いやり予算

在日米軍の駐留経費は5年ごとの見直しされ、今年2022年から、年平均額は今年度より100億ほど多い、約2100億の予算となります。


コロナ禍、貧困から大学進学を諦める若者、生活苦から命を断つ方などが増加している我が国 先ずは日本人ひとりひとりが安心して暮らせる状況を速急に築くべきと思います。


米軍基地を巡る諸問題の解決を図るためには、 原則として日本の国内法が適用されないまま運用の改善だけでは不十分であり、地位協定の抜本的な見直しが必要です。


今日は日米地位協定 の内容を深く理解するためのマンガ本も紹介いただきました。 



   また、以前鑑賞したドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」もお薦めです。


多くの方々にも関心を抱いていただけるきっかけになればと思いご紹介させていただきます。


#立憲民主党民権クラブ


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示