• 野田 はるみ

「脱炭素社会ヘの展望~2050年のゼロエミッション社会を考える」

神奈川県庁にて、神奈川県と地球環境戦略研究機関が共催したセミナー「脱炭素社会ヘの展望~2050年のゼロエミッション社会を考える」が開催されました。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/prs/r9953986.html


「2050年の暮らし」は、30年後の暮らし。

これからの30年で、私たちが炭素の排出量を減らす努力をし、地球温暖化を止めることができるのか、それとも変わらずに経済や便利さを優先して炭素を排出し続けて、地球温暖化を進める道を選ぶのか....


本セミナーでは「2050年の暮らしが現在とどのように変わっていくのか」、県民や企業の皆様にイメージを持って頂くため、東京大学生産技術研究所・特任教授である萩本教授や、IGES(地球環境戦略研究機関)研究統括ディレクターである川上氏から「脱炭素社会」についての講演をしていただいたほか、小林環境部長大和営業菅原氏環境パートナーシップ会議副代表の星野さんからもお話を頂きました。



夜のセミナーということで、半数の参加者が企業の方々。

環境への関心の高さを感じもしますが「CSR」「エシカル」のように、言葉だけが先行し実態が感じない形にならないように期待もします。


今後開催のセミナーや、県民の皆さまからのご意見募集チラシもありましたので、ご紹介します!


1.「事業活動 省エネルギー対策セミナー」(事業者・団体向け)(神奈川県主催)   *内容:省エネ対策のアイデアや事例、行政の支援策などを紹介。

  *日時:2月13日(木)13:30-16:30

  *場所:横浜市開港記念会館(講堂)

  *その他詳細:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f6674/p386796.html


2.「脱炭素トランジションと市民参加・熟議~脱炭素社会に向けた欧州の試み・気候市民会議の開催」

  *内容:くじ引きで選ばれた市民による徹底討議など、欧州で高まっている脱炭素に向けての市民の取り組みを報告し、こうした果敢な動きをどう受け止めたらよいのかを考える。

  *日時:2月14日(金)3:00-17:30

*場所:衆議院第一議員会館内 国際会議室

  *その他詳細:http://inst-dep.com/info/2999233


3.「神奈川県環境基本計画」の進捗状況に関する意見の募集」

 *内容:神奈川県は、「県環境基本計画」に基づき、「環境の保全及び創造に関する施策の総合的かつ計画的な推進」に努めており、毎年度、施策の進捗状況点検を行うこととしております。

このたび、2018年度の進捗状況について、県による自己評価と神奈川県環境審議会の検証を受けた結果を「神奈川県環境基本計画進捗状況点検報告書」として取りまとめましたので、県民の皆様からの御意見を募集します。

 *募集期間:2020年2月6日(木) ~2020年3月6日(金)

*報告書PDFへのリンク及び、その他詳細:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/pub/c6159630.html


「地球温暖化」「脱炭素社会」「SDGs」など、言葉だけ聞くと、なんだかむずかしくて自分の日常の生活と結び付けられないかもしれませんが、私たち人間も自然の一部。

異常気象による災害、農業や漁業への影響など、日々の私たちの生活に大きな影響があり、また、どんな環境・社会を子や孫以降の世代へバトンタッチしたいのか、ひとりひとりが自分ごととして「何ができるのか」を考え、行動してゆくことが求められています。


まずは「知ること」。

これからもおすすめのセミナーや情報などを、こちらのブログや私のSNSでもお知らせしますので、ぜひ、興味を持たれたものがあれば、お気軽に参加されてみて下さいね。


#脱炭素社会 #神奈川県 #地球環境戦略研究機関 #ゼロエミッション #SDGs #野田はるみ #神奈川県議

7回の閲覧