• 野田 はるみ

「経済活性化特別委員会」にて「若者、中高齢者、障がい者の就業支援と労働環境」に関する質疑を行いました

更新日:5月12日


本日は 経済活性化特別委員会 が開催



調査項目は、 ①就労支援・失業・雇用対策の取組について ②いのち・未来戦略体制の強化について



立憲民主党民権クラブからは 飯野まさたけ 県議が副委員長

質疑は私 野田はるみくさか景子 県議、米村和彦 県議が入り

私からは「若者、中高齢者、障がい者の就業支援と労働環境」に関する質疑を行いました。



併設ハローワークと連携して、

キャリアカウンセリングから職業紹介まで、 就職に関する様々なサービスをワンストップ、

39歳までの方々にご利用いただける #かながわ若者就職支援センターhttps://www.kanagawa-wakamono.jp/


中高年齢者の方40~65歳の方へは同じフロワー #シニアジョブスタイルかながわhttp://www.pref.kanagawa.jp/docs/z4r/cnt/f70015/index.html


障がい者雇用をより一層促進していくために、 企業及び障がい者就労支援機関を支援する #神奈川県障害者雇用促進センターhttps://www.pref.kanagawa.jp/.../c1/top_shougaisha_koyo.html



それぞれ利用も相談も無料 コロナ禍、職を失った方は多く、 感染対策面からオンラインや電話相談などの新たな取組もスタートしましたが、 求職者は年齢も幅広く、希望する職も多様、 それぞれ抱えている事情も様々

一人ひとりに寄り添い、 丁寧なカウンセリングを行い、 メンタルケア―などカウンセラーの質の向上も含め、 丁寧な就業支援を求めました。


より多くの方が、 明るい未来を抱けるよう、 様々な取組、注視して参ります。


#神奈川県議会 #立憲民主党民権クラブ

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示