• 野田 はるみ

「神奈川県地球温暖化対策推進条例」改正に関連した「かながわ脱炭素ビジョン2050」について取り上げていただきました

更新日:5月12日


本日、神奈川県議会 第三回定例会 が閉会しました。



様々な採決のち 我が会派からは、斉藤たかみ 県議が、各常任委員会から提出された重要な項目の討論に立ちました。



環境農政常任委員会 からは 14日に私が質疑を行った「神奈川県地球温暖化対策推進条例」改正に関連した「かながわ脱炭素ビジョン2050」について取り上げていただきました。

内容は、12月1日公表された「かながわ脱炭素ビジョン2050」にある「需要・消費者側」の観点から、生活の三大要素「衣食住」に関わる 消費気候変動 との関連性を、幅広い世代へ発信すること


併せて、温室効果ガス の排出の少ない商品の「見える化」や明確に評価される消費の推進を、IGES、他の関係機関、川崎でスタートした気候市民会議 など県民とも連携し、しっかりと取り組むこと等です。


COP26からは我が国の取組みの更なる強化が求められましたが、

本県はSDGs未来都市としても、国にあわせるだけではなく、

率先した取組みが必要ですので、今後も求めて参ります!


詳しいビジョンの内容はこちら

https://www.pref.kanagawa.jp/.../datutanso-bijyon.html



#立憲民主党民権クラブ


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示