• 野田 はるみ

「神奈川県動物愛護センター」へ訪問


本日は 神奈川県動物愛護センター


昭和47年神奈川県犬管理センターとして開設され、 令和元年「動物を生かすための施設」へと生まれ変わりました。


今まで毎月開催されていた譲渡会ですが、

コロナ禍オンラインでの開催を7月初めて開催し、多くの方が参加されたとのこと。


現在ボランテイア等の協力もあり、保護犬はかなり減少しているようですが、

猫の多頭飼育の崩壊が深刻な状況、

現在、大幅にキャパを超えており、今後の大きな課題です。


現代社会において 癒しを与えてくれる貴重な存在の ペットは家族の一員です。

愛情と責任を持って終生飼養すること、 動物の健康、環境を守ることは言うまでもありません。

動物愛護に関しては、様々な連携に支えられている面も大きく、

行政としても丁寧な取組が求められます。


#神奈川県動物愛護センター#かながわペットのいのち基金




3回の閲覧0件のコメント