• 野田 はるみ

「地域財の家づくり普及促進事業」ぜひご活用ください!



本日は午前中より県庁にて様々な勉強会


そのひとつ 森林環境譲与税 森林の有する公益的機能は、 地球温暖化防止、 国土の保全や水源の涵養等、 私たちの生命を守ることにつながる一方で、 所有者や境界が解らない森林の増加、 担い手不足等が大きな課題となっています。


2018年に成立した森林経営管理法を踏まえ、 森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から「森林環境税」が創設されました。


そちらは2024年度から、 個人住民税均等割の枠組みを用いて、国税として1人年額1,000円を市町村が徴収することとされています。


その森林環境税に対し、 「森林環境譲与税」は、 喫緊の課題である森林整備に対応するため、 森林環境税の課税に先行して2019年度から、 市町村や都道府県に対して、 譲与が開始されています。


本県では様々な事業があり、 そのひとつ 「地域財の家づくり普及促進事業」では、使用した経費の一部を補助します。


コロナ禍、三浦半島には移住する方も多く 私の地元も建設ラッシュ

しかし、 北米における住宅着工戸数の増加、 中国での木材需要増大、 世界的なコンテナ不足による運送コストの増大等の影響により、 輸入木材については不足感が広がり、価格が上昇。

その影響から国産材製品への引き合いも強くなっており、全体として製品価格が上昇するなどの状況が生じているとのこと。

是非、県の事業もご利用ください。


https://www.pref.kanagawa.jp/.../kankyoujou.../index.html...


#神奈川県 #三浦半島 #国産木材 #里山保全


2回の閲覧0件のコメント