BHUTAN
 ホンモノの豊かさを…

2018.11.21~11.29  Harumi Noda

便利さの裏側


これまで世界30ヵ国あまりを旅してきた中、今回初めてのブータンはとても興味深い国でした。

数年前に国王が日本を訪問され、お二人の人柄からも感じとれる精神的な豊かさ、その「GNH」をどのような形で実現、継続しているかと共に、今回の訪問先である環境NGOSJIやチモン村でのオーガニックコットンプロジェクトに興味を抱き、ナマケモノ倶楽部主催ツアーに参加させていただきました。

直行便は無く、今回はインドのデリー経由グワハティまで空路、そこからは大陸での国境越えで先ずはペマ・ガッツエルへ。

最初の衝撃はなんと!インドの街並み、至る所に散らばるプラスチックのゴミ…
今や世界でも問題視されているプラスチック!
便利に使用されそのあとはポイ捨て状態と思われる様子は、川沿いから道路と土に還らずそのままになったままのプラゴミの山…
そんな状況もひとりひとりの行動とはいえ、国が目指す方向が一般市民の生活に現れている証拠だろう。
ITなど最新技術教育ばかりに目を向け、地球の事、環境の事などには意識が向かないのはインドばかりではないとも思うが、様々な環境問題が騒がれ、情報も入りやすくなった現代でも、意識の変革にはまだまだ時間がかかるのだろうか… 

山羊がプラスチックの入れ物ごと食べている場面や、牛の死骸からは多くのプラスチックが出てきた映像などに衝撃を受け、今や世界中の海や山、そして町でも起きているプラゴミ問題は今や地球の動物たちが犠牲になっている。

便利さという生活には失う物も多い、そんなことに気が付き始めている人々も増えてはいるが、インドとブータンの国境越えはほんの100メートル?ほどであったかと思われるが、その国の空気間やエネルギー、スピリットの違いは誰もが感じられるほどの違い!にはさらなる驚き
家でも店でも同じように、場のエネルギーはそこに暮らす・過ごす人たちの意識が大きく影響される。
そんなことが国としても感じられる!素晴らしい旅が始まる予感のブータン入りです!

 

東ブータンへの旅


急速に進む近代化と昔ながらの生活文化が溶け合う都市テインプーのある西とは異なり、古き良きブータンが感じられ、今も昔ながらの生活が残っている村の多い東ブータン。

今回私たちが向かうそれぞれの場所への移動は峠越えが多く、どこへ行くにも3~4時間のドライブ。
まだまだ道路も舗装されていない箇所が多く、埃と上下左右に揺れながらの車の移動は、かなりハードではあったけど、標高3~4000mあたりの周辺はたいてい原生林に覆われ、そんな急峻な地形による気温差から生物多様性という東ブータンは魅力も多い。

先ず最初に向かうのはペマ・ガッツエル。
言語的にも古俗を残しているとも言われ、近年まで外国人がほとんど足を踏み入れることのなかった禁断の地域と言われています。
その道中、私達を先ずは迎えてくれたのは、ブータンでも珍しい白いサルのラングーン一族や鳥たちの歓迎!
そんな旅の良い兆候を感じながら、風になびく様々なダルシンに、これから始まる東ブータンの旅に思いを馳せ、まだ見ぬ世界にワクワク!
車は砂煙と共に延々と走り続けます。(画像1)

GNH教育


今回訪問したユルン村の小中学校とチモン村の小学校
誰もが平等に教育を受けられる環境と共に、GNH思想も教育からという国家の姿勢があらゆるところに感じられ、改めブータンの未来に期待を感じる訪問でした。

/ユルン村の学校にある建物の表示から(画像2)

現在504人ほどの生徒がいるユルン村にある学校
2009年からは朝礼時に毎日行われるという瞑想!いや~素晴らしいの一言!
そのような時間を設けているということからも、精神性をとても大事にしていることが伺える。その時に生徒が目にするボードが3種類、国王や前環境庁か話された中からの素晴らしいメッセージを掲げたボードと共に、GNHの基準が6個掲げられている(真ん中ピンク)ボード。
なんとそちらは1~4段階のレベルで、毎年チェックされる中、この学校では昨年すべてがオール4!と素晴らしい教育を行っていたのである。

さらに教育費や地方から寄宿生活の費用などはすべて無償と言うことから、幼い頃から親元を離れ寄宿生活のという環境からであろう、どの子もしっかりと自立した雰囲気が感じられる。
もちろん笑顔にはあどけなさも感じられ、チモン村での生徒数66人という小さな小学校では、先生はじめ学校あげてのおもてなしを受け、子供たちの歓迎の踊りにはとても心が温かくなり、最後は私達からも1曲お返しの歌と踊り!?も披露させていただきました。
そんな心温まる交流は、昭和30年代生まれの私にはなぜか昔懐かしい記憶が蘇ります。
ブータンの未来は明るいと感じた小学校の訪問でした!


村の自立と持続可能な生活~チモン村とダゴン村~


 44世帯あるダゴン村ではほとんどの世帯がブータンで有名な黒砂糖を、サトウキビから伝統的なやり方で生産をしています。
不思議な三角形となることも昔ながらの型を使用と理解できましたが、使い勝手は?なので、今後は新たな形も考えられると使い易く販路も増えるのではとも…
以前、タイの知人からいただいたやはり黒砂糖の塊、板チョコ型で使い勝手が良かったので、そんなアレンジ考えてみてはどうかなぁ~

また、チモン村ではガイドのペマさん出身地ということもあり、現在オーガニックコットンや雑穀やスパイスなど、伝統文化と時給自足の暮らしの保存へ向けた生産に力を入れています。
ペマさんのお父さんは若い頃に豊富な経験を積んでいるまだまだ元気なおじいさん!片道30分ほどの山道を毎日通っての畑作業だ。

そして、おかあさんがコットンプロジェクトのリーダー!村の女性のほとんどが関わっており、35年ぶりという綿花の栽培、収穫から糸紡ぎ、機織りに加え、草木染など一貫した生産を行っています。特に綿挽きは昔日本が布団の中綿作業で行っていた弓打ちスタイル!とても手のかかる作業です。
もともとは男性の伝統服ゴが仕立てられていた布、今は幅や長さ、風合いなどもいろいろ変え、クロスやストールなどそのままの仕様が多いのですが、タイやインドではその布を使った製品化も進んでおり、私自身も何かしら関わっていきたいと思うプロジェクトの一つです。

さらに今後リーダーとして期待されている女性は、若く感性もある女性でしたので、とても期待が持てそうです。
これまで私自身も幾つかプロジェクトを立上げてきたので、継続させていくことはいろんな意味で大変かと思いますが、応援しています!(画像3)

 

環境NGOサムドルップ・ジョンカー・イニシアテイブSJI


Putting GHN into practice!
理論ではなく実践として継続することに力を注ぐ。理想やキャンペーンで終わらせるのではなく、各家庭・村レベルで何ができるかを考え行動している団体、SJI。
そこへの訪問が今回私にとって旅のハイライト!でした。
・ZeroWesteゼロウエスト
・Organic Agriculture&SeedBank有機農業、種の保存
・ローカル経済

と掲げているテーマは、ブータンのGNHを村落コミュニュティーから草の根で具現化することに力を注ぎ、代表のゾンキーキエンツエ氏はまだ50代ですが、チベット仏教界の師とも言われ、社会参画する仏教として、様々な活動をしている素晴らしい方と思いました。そのSJIは2010年に設立され、2015年にNGO認可、これからの活動に多くの期待が寄せられていることが伺えますね。

・ZeroWeste! 現在一番力を注いでいるというプロジェクト
/ゴミになる物を買わない、使わない
/ゴミを出さない

 

/リユース⇒クラフトグループが製品化し販売
Mindful choise in our daily life

廃棄になる食べ物や衣服がとても多い今の日本,,,贅沢や豊かさを取り違えてしまった多くの日本人にとって、これからはホンモノの豊かさを築いていく時代へと向かいたいです。

当日はプログラムデイレクターのCheku氏と共にスライドでの丁寧な説明を受け、20代スタッフのカルマさんが有機農業の畠や種の保存部屋を案内してくれました。
SJIのスタッフはとても若い方が多く、未来を築く上でも期待が大きいかと思われましたが、業務はハードワークの為2年くらいで辞めてしまう方も多いらしく、現場の改善も有るのかなぁ~とちょっと残念な側面も感じてしまいました。

後日町にある直営店でリサイクルファブリックを使った製品なども拝見。
バックなど色目はお洒落でしたが、デザインや縫製などの改善が多いと感じました。フェアートレード、東北支援しかり、コンセプトは素晴らしくもやはり製品としての魅力も伴わない限り「買っていただくという」継続は難しくなります。
食べたい!欲しい!と感じていただくことは理屈ではないから…これからの課題かと思います。

(画像4)​

・Organic Agriculture &  SeedBank
7年間で30種類の作物を生産するようになった有機農場。
種は政府からも支給され、収穫物や堆肥を一般に販売するまでに成長したのも
チーフのセリン氏(バンダナシバ氏から教えを受けた第一人者)のお蔭だろう。
最も大事なことは堆肥として、牛の糞や尿、藁などを主に堆肥作りをしている、通常生ごみも堆肥作りに応用されるが、ここでの生ごみは家畜の餌として残らない。

その後、種の保存部屋へ。
蕎麦やトウモロコシ、雑穀など古代種や在来種の保存に力を入れ、現在は伝統的な農法の聞き取り調査中とのこと。
さらに、種を蒔く時は、牛の尿に数分浸して蒔く!という、まさにシュタイナー農法やバイオダイナミック農法とも通じる農法と感じました。
まさにSustinabule & Createive Life

 

・ローカル経済
3年前はアルコール中毒者90%、それが今年は50%へと変わったメンチャリン村。
村の衛生面の改善や陶芸や農業など新たな労働を産み出し、3年前に比べ若者も60%増え、村の活性化、自立化へと変化し続けているモデル村です。
現地を視察はできませんでしたが、3年という期間での成果は大きいと感じます。
国家の開発は道路やビルなどに対し、SJIではコミュニュテイの持続可能性を意識
Inner  Depelopment!
それぞれの村や地方が活性化し持続可能な生活ができることは、今の日本が都市集中型となり、地方では高齢者ばかりと過疎が進む今、とても参考になるプロジェクトですね。
お金では買う事の出来ない「豊かさ」を、様々な面から感じるブータン厳しい環境にもまた行きたいと感じるブータン!ありがとうブータン!